高齢者が運動する事の良い点と注意点

こんにちは。

さくらデイサービス浜松中央、機能訓練士です。

本日は、高齢者が運動する事の良い点。高齢者が運動する際の注意点。をご紹介したいと思います。

◆高齢者が運動する事の良い点としては、

① 体力・筋力UP

ちょっとした運動でも、毎日続けることで体力や筋力アップに繋げることができます。

② 免疫力の向上

20分~1時間ほど歩くだけで免疫力を高めることができるという研究結果があります。

免疫力を高めると、ウイルス感染に立ち向かう力を付けられるので、風邪やインフルエンザにも負けにくい体作りができます。

※無理な運動や過度な運動は心身のストレスになってしまうこともあるため、程度の運動を取り入れるようしてください。

③ 骨粗鬆症の予防

骨折の原因として多い骨粗鬆症(こつそしょうしょう)ですが、適度な運動で骨に負荷を与えることで、骨が自分の力で強くなろうとするため、より丈夫な骨になると言われています。

④生活習慣病の予防

適度な運動は生活習慣病などの病気の予防にも繋がります。

高齢者が運動をする事の良い点には、体力面や健康面だけでなく、精神面にも良い点があります。

運動をすることは爽快感を味わえたり、ストレスを発散できたりと精神面に与えるメリットも大きいと言われています。

◆運動が健康に繋がるとは言え、高齢者の場合は注意しなければならないこともあります。

以下の項目が一つでも当てはまるときは、運動は無理せず、お休みしてください。

・発熱

・睡眠不足

・下痢

・動悸や息切れがある

・身体に疲れが残っている、だるさを感じる

運動をしている時の注意点としては、

①水分補給

喉が渇く前に水分補給が鉄則です。特に、高齢者は脱水症状になりやすいので運動中は水分補給をこまめにしてください。

②正しいフォーム

ウォーキングなどは正しいフォームで行わないと、ケガをしやすくなったり痛みが生じたりすることもあります。

③準備運動、クールダウン

身体を急に動かすとケガをしやすくなるので、運動前には準備運動を必ずするようにしてください。

また、運動終了後はクールダウンの時間を設け、徐々に運動量を落として終了するようにしてください。

④適度な運動をするように気をつける

肩が上下するような激しい運動や、大量に発汗するような運動は負荷がかかり過ぎているおそれがあります。

余裕を持って取り組める程度の運動量に留意してください。

高齢者の運動は、転倒防止や体力の向上、健康維持など様々な良い点があります。

筋力アップや体力アップのためにも、運動を毎日少しずつ取りいれてみてください。

高齢者の無理な運動や慣れない運動はかえってケガの原因になってしまうので、無理のない範囲で運動したり、準備体操などをしっかりと行ったりすることが大切です。

また、程よい負荷は身体を強くする作用もあると言われていますが、身体に負担がかかり過ぎないように注意しながら運動してみてください。

前の記事

信頼関係

次の記事

心の機能訓練