居宅介護支援

居宅介護支援事業所について

  • 介護保険のことがよくわからない・・・
  • 介護保険だけでなく。住宅改修や福祉用具の相談はできる?
  • 介護サービスを受けるにはどうしたらいいの?

居宅介護支援事業所では、ケアマネージャー(介護支援専門員)が、要介護(1~5)の認定を受けた方に、介護に関するご相談や要介護認定申請の代行等を行います。

認定後は、ご本人様やご家族様のご意向をもとに、身心状況に合わせて最適なケアプラン(介護サービス計画)を作成いたします。ご利用者様が可能な限り、居宅においてその方の能力に応じて日常生活が営むことが出来るよう援助いたします。

ケアプラン作成については一切料金を頂いておりません。介護保険制度に関しての総合的なことも、お気軽にご相談ください。

居宅介護支援事業所の特徴

  • 介護保険のことがよくわからない・・・
  • 介護保険だけでなく。住宅改修や福祉用具の相談はできる?
居宅介護支援事業所の利用対象の方
介護保険における要介護(1~5)認定を受けられている方、またはこれから受けようとされている方。

相談支援事業所(一般相談支援・特定相談支援・障害児相談支援)

相談支援事業所とは

さくら相談支援ステーション浜松中央では障害のある方やそのご家族、または介護をなさっている方からの様々な不安や悩み等の相談をお聞きし、地域で安心して生活していただくために必要なサービスを提供しております。

障害福祉サービスを利用してみたいけどどんなサービスがあるのか分からないという方等の相談に応じて、必要な情報の提供やアドバイスを行ないます。

一般相談支援事業所

病院や障害者支援施設等から地域生活への移行を希望される方に対し、計画作成して、地域にある障害福祉サービスの体験や、一人暮しに向けた体験宿泊、家を探すお手伝い等の支援をします。一人暮しに不安が多い方等に対し、安心した生活ができるようにサポートします。

特定相談支援事業所

障害者や障害児からの相談に応じ、必要な情報の提供やアドバイス等のサポートをいたします。障害者や障害児が障害福祉サービスを利用する際に、サービス等利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行います。

障害児相談支援事業所

障害児が障害児通所支援(児童発達支援や放課後等デイサービス等)を利用する前に、障害児支援利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリング等の支援をおこないます。

受け入れ対象

発達障害・身体障害・知的障害・精神障害・重症心身・うつ病・双極性障害(躁うつ病)・総合失調症・パニック障害・不安障害・強迫性障害・睡眠障害・適応障害・パーソナリティ障害など