夏ならではの冷やし甘酒

2018.8.27 (月)

 

こんにちは。

さくらディサービス浜松中央・介護Kitchenスタッフの徳永です。
まだまだ残暑厳しい日が続いています。
そろそろ夏の疲れが出て来る方もいらっしゃるのではないでしょうか?
さくらの利用者様の中にも食欲が落ちていらっしゃる方もチラホラ。
そこで健康に良いと話題の発酵食品の1つ冷やし甘酒を今回ご紹介したいと思います。
この甘酒は、塩分・糖分・水分が同時に摂取出来る『飲む点滴』とも呼ばれています。
1.消化吸収を助け胃腸に優しい
2.腸内環境を整え、便秘の予防解消
3.血行と代謝を促進し美肌効果にも抜群
4.ダイエット効果
などの効能が挙げられています。
そこで本日は、手作り簡単甘酒をご紹介したいと思います。
材料
ご飯                                   200g
水(50度程度のお湯)       300ml
乾燥米こうじ                   100g
1.   お鍋にご飯と水を入れ沸騰させて          後に60度以下まで冷ましておきます。
2.    1の中にほぐした乾燥米こうじを
       入れてよく混ぜ合わせる。
3.    炊飯器に上の材料を入れ、保温スイッチをONにします。
    (炊飯器の蓋は開けてその上にフキンをかぶせておきます。)
4.   5~6時間そのまま放置します。
(一時間ごとに全体を混ぜ合わせて熟成を均一にします)
5.   出来上がったら冷蔵庫で冷やしま す。
是非、夏の疲れを癒す為にご参照頂ければ嬉しく思います。

     

 

   2.JPG 3.JPG

次の記事

勉強会