来年こそ何の不安や心配なく、今まで通りの「移動支援」が実施できますように!

さくら・介護ステーション浜松中央の西尾です。
今年も残り少なくなってきました。

今年は本当に大変な1年でした。

介護職員として「マスク、手洗い、うがい」は当たり前。

不要不急の外出は控えること。

人が密集する場所には出向かない。

こんな状況下で3月以降、お会いできなくなっている利用者様が何人かいらっしゃいます。

「移動支援」というサービスを利用されている障がい者の方々です。

「移動支援」は障がい者の方々の外出を支援するです。

街中やショッピングモールなど人が集まる場所での支援であったり、あるいは公共の交通機関を利用しなければいけません。

そのため、外出を取りやめる方々がいらっしゃいます。

あるいは支援の時間を短くしたり、行き先を変更したり、

「少し様子を見ましょう」がこんなに長い期間になるとは…

外出先での笑顔をまた見たいと思っています。

会えなくてなってしまった利用者様には時々お電話させていただいています。

皆さんお元気でいらっしゃいます。

「大変ですけど、お仕事頑張って下さいね」と逆に励まされています。

来年こそ何の不安や心配なく、今まで通りの「移動支援」が実施できますように!

また利用者様にお会いできる日を楽しみにしています。

次の記事

認知症について