雨の日の訪問介護

2109.7.6(土)

 

さくら・介護ステーション・浜松中央  訪問スタッフの佐藤です。
現在も九州豪雨が続いています。
なかでも高齢者の方が土砂崩れで家の下敷きになられて亡くなる等、大変な状況が続いています。
訪問先へ行く時も、雨の日はいつも以上に渋滞するのはもちろん、雨により道路状況が悪くなり事故など起こりがちになり街全体がどんよりし気持ちも暗くなります。
だからこそ焦る気持ちで向かうのではなく、余裕を持って現地に向かい、運転者お互いが譲り合う優しさが必要だと思います。
そして利用者様に雨の日も晴れた日も笑顔と元気をお届け出来るよう頑張りたいと思います。
 

次の記事

七夕